断食によるリバウンドの原因について

断食をすると摂取カロリーが激減する為に体重は減りますが、場合によってはリバウンドしてしまうこともあります。せっかくつらいダイエットによって体重が減ったとしても、リバウンドして元に戻ってしまうととても残念です。食事の摂取量を減らし過ぎると、身体維持に必要な栄養が供給されなくなって、身体は飢餓状態に陥ってしまいます。補給される食事の量が少なくなっても、栄養不足で身体トラブルが起きることがないように、代謝の低い体にするわけです。摂取する食事の量が足りていないと、筋肉量も徐々に減ります。消費エネルギーが減った状態のままで、断食を終えて食事を以前の内容のものに戻すと、摂取量が多くなり過ぎてしまいます。今までと同じ量の食事しか食べていなくても、体が必要とするエネルギー以上のカロリーを摂取している状態になってしまうのです。余ったエネルギーは脂肪として蓄えられてしまう為、結果的に断食をする前と比べて、体重が増えてしまう事も有るのです。食事制限後にリバウンドをする原因がこれに相当します。ダイエットをした後にリバウンドのリスクがあるのは、食事の量を減らしたことで減った体重が、食事の量を戻したことで増えるからです。エネルギーの消費量がかなり減った状態になっているのは、断食終了後からだいたい1か月程度は継くとされています。リバウンドを防ぐ為には、断食終了後に急に元の食生活に戻すのではなく、徐々に摂取量を増やしていくことが必要です。 ゲストドレス レンタル