にきぶを壊すとにきび跡がクレーター状になりやすい

何もせずにいるとなくなっているにきび、悪化してクレーター状のにきび跡ができてしまうにきびなど、にきびは様々です。にきびのうみが気になって、指先で潰してしまう方もいるようです。にきぶを壊すとにきび跡がクレーター状になりやすいといいます。

人間の手は、ごく小さな菌がたくさんいて、決して清潔ではありません。にきびを潰したために細菌が増え、逆ににきびの症状を悪くしてしまう可能生も少なくないといいます。にきびが顔の一カ所に集まっていたり、一つだけ大きなにきびができた場合、にきび跡がクレーター化する可能生が高くなるので要注意です。自己流のにきびケアでにきびが回復しない場合、病院で見てもらいにきびの治療をしてください。治りが遅いにきびがあったら、病院に行くのもいい方法です。にきび跡がクレーター型にまで発展しないよう、痛みがあり膿んでいるにきびがあれば、病院で診察をしてもらうといいでしょう。色素沈着によって一次的ににきび跡ができても、多くの場合はじきに目立たなくなります。皮膚表面に凹凸ができていないにきび跡は、さほど神経質にならずとも徐々に目立たなくなっていきます。これに対して、クレーターのようにでこぼこができてしまったにきび跡は、元の状態には戻りにくいといいます。
ケナクス