状況によっては何回かに分けてヒアルロン酸を入れる

プチ豊胸手術では、一体何をするのでしょう。まず、どんなバストになりたいかを担当医師と話し合います。どんなバストになりたいかが決まったら、注入したいところにマーキングをします。それから、左右それぞれの胸に局部麻酔をします。ヒアルロン酸を決めた部位に注入するのは、麻酔の効果が現れてからです。

乳腺の周囲に専用の注射針を刺し、ヒアルロン酸を決まった量だけ注入します。一気にヒアルロン酸を注射すると硬くなる可能生もあるため、状況によっては何回かに分けてヒアルロン酸を入れます。指定の部位にヒアルロン酸を注入したら、よく消毒をして手術部位にテープをつけます。これでプチ豊胸は完了です。おおよそ15分から40分程度あれば、プチ豊胸手術を受けることができます。プチ豊胸なら入院も不要ですし、その日のうちに帰宅して日常生活を送ることができます。プチ豊胸は1回の手術での体の負担がごく少ないので、何回かに分けて、不自然でない程度に胸を大きくしていくこともできます。豊胸手術は受けたいけれど、唐突に胸が大きくなったら他人に手術を受けたことを知られてしまうと、ためらっている人もいました。プチ豊胸では、だんだんと胸を大きくすることが可能です。プチ豊胸は、手術を受ける人の要望に合わせた様々な豊胸ができます。胸の上側だけ大きくしたい、サイズ自体を増やしたい、谷間が欲しいなど、希望は人それぞれです。ケナクス