クレジットカードの日本国内での広まりについて

たくさんのクレジットカードが、日本国内では出回っています。クレジットカードは2007年の段階で、約3億枚が国内で発行されているといいますからびっくりしてしまいます。7000万人~8000万人が国内の労働人口だとすると、計算上1人当たり4枚は持っているということになるのです。クレジットカードを持っていない人は、少数派といってもいいでしょう。クレジットカードを所持していないという人は、理由でが何かあるのでしょうか。知らないところでお金が減っていく気がする、クレジットカードを持つことが怖いといったのが多く理由としてあげられます。クレジットカードは特別な人が持つものだなど、日本国内だけでも様々な考え方を持つ人もいるようです。クレジットカードは適切に管理し、使っている限りは怖いものではありません。クレジットカードを使う時は、店がクレジットカード加盟店であることを確認することです。全て国内のお店だからクレジットカードが使えるわけではありません。店先やレジ周辺に、クレジットカードに関連するステッカーが貼ってあれば加盟店です。わからない場合は店の人に聞いてみてもいいでしょう。お金を払う時に現金を出す代わりにクレジットカードを提示しクレジットカード払いでお願いしますと、国内で使用する場合には言うだけで簡単です。haba スクワランオイル