日焼け対策をして紫外線が少ない時間帯に外出を

お肌にできるシミやソバカスは、強い紫外線を浴びた皮膚がメラニン色素を生成し、日焼けをすることによってできます。紫外線を浴び続けると、肌の状態を損ねる要因になりますので、屋外で活動する時には日差しを遮る工夫が必要です。日焼けをすると肌の保湿力が失われ、乾燥しやすくなって、シワやたるみが増えます。ベランダや窓の近くで家事をする時も日焼け止めを使うこと、外に行くなら帽子や日傘を使うこと、外出時間を短く済ませるなどの工夫も必要です。夕方17:00~朝方7:00のうちに、外に出かける用事を済ませるという方法もあります。日中は働いている人なら、外出の用事は紫外線が出ていないうちに終わらせることも可能でしょう。昼の時間を家事に充てている主婦の場合、紫外線が強い時間でも買い出しや庭作業などの作業をしなければいけない場合もあります。紫外線の量が多いのは10時~14時の間になりますので、せめてその時間は出かけないように工夫するといいでしょう。紫外線量が多くない時間を狙って出かけるとしても、日焼け予防はきちんとする必要があります。上着やツバ広の帽子、サングラスなどは、紫外線を通さないような加工が施されているものがあります。紫外線による日焼けを阻むための日焼けどめクリームは、外出する15分前までにはつけ終わっておくことが肝心です。日焼けどめ効果のある成分が皮膚になじむまでしばらく時間を要しますので、直前に塗ると間に合わない可能性があるからです。アンプルール 効果